• HOME
  • 栄養素の働きとは?
  • 商品一覧
  • はじめての方へ
  • お問い合わせ
 

はじめての方へ

ボタニック・ラボラトリーのご紹介

太陽が昇ると目を覚まし、日暮れとともに眠りにつく。かつて私たちはそんな生活を送ってきました。山や川や海が身近にあり、緑と季節の植物に囲まれて暮らしてきたのです。自然の摂理とともに生きることは、人間が人間らしくあるための術であり、知恵でもありました。

健康であること、ふたたび健康を取り戻すこと。それは、私たちのココロとカラダを自然の状態に近づけること。人間に、欠かしてはならない栄養のエッセンスをしっかりとることによって本来の自分に還る。

人びとが、元気で健康で快適な生活を送るために― 私たちがあらゆる経験をもとに研究し、開発した製品をお届けします。たった一度の出会いから、きっと健康への道が拓けます。

ボタニック・ラボラトリーの想い

私たちボタニック・ラボラトリーは、創業以来「人々の健康長寿人生に貢献する」ことを理念にしています。長年、お客様からの栄養相談・健康相談に対して、食生活のアドバイスと健康食品のご提案をしてきました。これまでの学び、体験、経験、情報を生かして、多くの方に健康に対する意識と関心を高めていただけるよう邁進し、ますます健康に過ごしていただくための信頼できる製品の販売・サポートに力を注いでいきます。そして、一人でも多くの方が、健康長寿の人生を送れるよう努めていきます。

製品の特徴

生活汚染が及ばない大自然の恵み

ボタニック・ラボラトリーはこれまでに、実際に体調不良や病に直面している方のサポートを行ってきました。多くの方々の実例や経験を通して、何が身体に効果的な作用を及ぼすのかを徹底追求してきました。その結果として、野菜を育てる環境や製造過程まで深く掘り下げ、現在の製品にたどり着きました。生活排水の流れない標高1,500m以上の畑で、自然農法により育った野菜を使用し、製造過程では熱処理などは行わず栄養素を壊さぬよう配慮し、できる限り自然に近い状態で皆様のもとへお届けしております。

1:1000:10000の法則

今日スーパーなどに出回る野菜や果物は、化学肥料や農薬の使用などにより栄養価が激減しています。有機栽培なども少しずつ出回るようになりましたが、そもそも土が痩せてしまっているため、栄養価の高い野菜がますます手に入りづらくなっているのです。

ニューヨークの大学の調査によると、化学肥料や農薬を使用した野菜のミネラルの含有量を1とすると、有機栽培の野菜は1000で、何と1000倍もの違いがあります。さらに、自然栽培の野菜の栄養価は10000で、現代の10000倍もの違いがあるのです。ボタニック・ラボラトリーの製品の原料は、この10000倍もの栄養価があるとされる自然農法で作られています。

PICK UP自然農法とは?

自然農法とは「耕さない(不耕起)」「除草しない(不除草)」「肥料を与えない(不施肥)」「農薬を使用しない(無農薬)」を特徴とする農法です。限りなく自然に近い状態で育てることで、野菜の栄養価を最大限にまで引き出します。

いのちの鎖®

パントテン酸〈ビタミンB5〉を発見したロジャー・ウィリアムス博士は、栄養素が体の中で協力しあって生命活動を維持している様子を「いのちの鎖®」という言葉を使って表現しました。 「いのちの鎖®」とは、栄養素はひとつなぎの鎖のようにつながって初めて機能するという理論で、鎖全体の強さが身体の健康状態を決めていることを現わしています。 「いのちの鎖®」を構成する栄養素は、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、植物栄養物質の5つで、これらの栄養素が一つでも欠けると鎖はたちまち切れてしまい、病気や不調という形で身体に現れてくるのです。 ボタニック・ラボラトリーでは、この「いのちの鎖®」を繋ぐために最適な健康食品をラインナップしています。

製品の選び方

ボタニック・ラボラトリーでは、お客様一人ひとりの健康状態に合わせて最適な製品をご提案しています。栄養についてより詳しく知りたい方は、専門家がわかりやすくアドバイスをいたします。担当者とのマンツーマンによる説明や相談をご希望の方は、ぜひ電話でお問合わせください。

TEL / 0120-831-990

私たちの原点

「私たちの身体は、食べたものでできている」これは、私たちボタニック・ラボラトリーが提唱する正常分子栄養学の基本的な考え方です。
この考え方に基づき、長年、病に苦しむ患者さんの栄養指導をはじめ、一人でも多くの人が健康で、長生きできるようにサポートを行ってまいりました。
健康な身体は、健全な代謝から生まれます。健全な代謝には、摂取する栄養の質と量が深く関わっています。
皆さまの健康長寿な人生を後押しするために、栄養の大切さをお伝えしていくこと。それが私たちの原点です。

トップへ戻る